FC2ブログ

もこもこ温泉研究所

温泉旅館(主に菊屋さん)の料理や地元で食べたおいしいもの等、グルメメインで更新していきます。リンクフリーです!

温泉で読書~暗渠の宿~

主宰さとうです。

深夜にふらりと現れる、温泉で読書のコーナーです。


今夜の一冊は…西村賢太氏の「暗渠の宿



現代に残る数少ない私小説作家である同氏の傑作。

近代の匂いどころか、近代小説ではないかと思うほどの、泥臭い自己の告白であり…

そしてまた生の人間の本質に近づいていく一冊。

(主人公=たぶん著者の分身、は本当に自己中心的でだめなやつですが、登場人物も含めて、欲とかエゴとかその他もろもろの人間を人間たらしめているきれいではないもの、を上手に表現しているように思います。)

ただ、読んで気持ちよくはならないかも(笑)

先日紹介した道化師の蝶とはある意味正反対の小説かも。

形而上と形而下の違いのようにも見え…


みなさん、また深夜にお会いいたしましょう。
2009082719110002.jpg


恐れ入りますが、気に入っていただけましたら一日一度のクリックをお願いいたします↓

旅館・ホテル ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村
↑こちらとこちら↓もよろしくお願いいたしますm(_ _)m






スポンサーサイト

テーマ:♡温泉だいすき♡ - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/05(土) 00:08:37|
  2. 温泉で読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温泉で読書~ハゴロモ~

今夜、温泉宿で読みたい一冊。

よしもとばなな 『ハゴロモ』




私が、よしもとばなな中期の傑作と感じている本です。

内容には多く触れませんが、心をあたたかくしてくれる本です。

よしもとばななさんの本は、深夜に読みたくなるものが多い気がします。

(逆に私にとって村山由佳さんの本は昼や朝に読みたくなるものが多い)

深夜のモグリのラーメン屋、川のある街、やっぱり夢でいつか行ったことがあるような景色。

あなたの心の底に溜まった澱のようなものを、きっと解き放ってくれるはず。

恐れ入りますが、気に入っていただけましたら一日一度のクリックをお願いいたします↓

旅館・ホテル ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村
↑こちらとこちら↓もよろしくお願いいたしますm(_ _)m






テーマ:♡温泉だいすき♡ - ジャンル:旅行

  1. 2012/04/27(金) 23:45:37|
  2. 温泉で読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温泉で読書~共喰い~

今夜も、温泉で読みたい本を一冊。

近代化を忘れたかのような鄙びた温泉街で、じっくり読みたい一冊です。
2009082719540000.jpg


今回も芥川賞受賞作。



筆者が石原都知事にかみついた(?)ことでも有名ですが、あの姿がすべてではないようです。

血の呪縛から逃げられない主人公の葛藤・生みの母の苦悩を描く一方、その背景には鮮やかなローカル世界が広がっています。
方言も鮮やかに耳に響くようです。

筆者のタッチはとても繊細で、人柄が表れているかのよう。

石原知事は唯一△をつけた、と評していましたが、たしかに現代作家では抜けた存在の一人かもしれません。

繊細なタッチなのにどこか力強さのようなものを感じさせる、天才のオーラめいたものをまとった作品です。

どうぞご一読あれ。

恐れ入りますが、気に入っていただけましたら一日一度のクリックをお願いいたします↓

旅館・ホテル ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村
↑こちらとこちら↓もよろしくお願いいたしますm(_ _)m






テーマ:♡温泉だいすき♡ - ジャンル:旅行

  1. 2012/04/26(木) 22:00:00|
  2. 温泉で読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温泉で読書~白髪の唄~

主宰さとうです。

今夜も「温泉で読書」シリーズをお届けします。



今夜のお供は、『白髪の唄』


風景描写が見事。

時とともに死者を意識することを通して、生きるとは何かに近づく、古井由吉の文学世界観がよく表れている一冊。
2009082720070002.jpg

温泉宿で本の世界を旅するのに最適の一冊となるでしょう。





恐れ入りますが、気に入っていただけましたら一日一度のクリックをお願いいたします↓

旅館・ホテル ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村
↑こちらとこちら↓もよろしくお願いいたしますm(_ _)m






テーマ:♡温泉だいすき♡ - ジャンル:旅行

  1. 2012/04/24(火) 23:30:00|
  2. 温泉で読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温泉で読書へのいざない~道化師の蝶~

主宰さとうです。

新シリーズをいこうと思います。

夜の時間に、温泉宿で読みたい本を紹介できたらなと思い立ちまして…

題して、「温泉で読書」シリーズです(笑)



そもそも温泉宿は非日常空間ですから、読書が進みますよね。

私がよく読書をしていたのは伊東の米屋さんです。
2009100414190000.jpg


全室露天風呂付きの隠れ家的宿なのですが、読書するには最高の環境でした。
2009100414190002.jpg


私は一人旅の時(一人で疲れを取りたい時)はいつも米屋さんへ行っていたものです。


いつもと違う環境で、夕闇の竹林の中で読書をしていると、世界に直にタッチしているような気がします。なぜでしょうか、不思議なものですね。


そして今夜の一冊。

ご存知、芥川賞受賞作です。

私たちの「ことば」とは何か、世界と私たちの間に介在している、「ことば」を考えさせてくれる作品。

とはいえ、難解で哲学的なだけのタッチの作品ではなく、さまざまな世界をさまざまな形で見せてくれる作品です。

夢の中で旅をしているような、かつて自分の夢の中に出てきた土地に再び立ったような、そんな気持ちにさせてくれる一冊です。


今後不定期に夜中に更新していこうと思います(笑)

恐れ入りますが、気に入っていただけましたら一日一度のクリックをお願いいたします↓

旅館・ホテル ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村
↑こちらとこちら↓もよろしくお願いいたしますm(_ _)m




テーマ:♡温泉だいすき♡ - ジャンル:旅行

  1. 2012/04/24(火) 00:23:54|
  2. 温泉で読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad